2006年01月24日

堀江容疑者が社長辞任、後任に60歳平松氏

ライブドアの堀江社長が、社長じゃなくなった!?

 ライブドアは24日、堀江容疑者が社長を辞任し、会計ソフト販売子会社「弥生」の社長を務める平松庚三(こうぞう)ライブドア執行役員上級副社長(60)が、執行役員社長に就任すると発表した。

 堀江容疑者は取締役にとどまるが、代表権を返上し、代わりに熊谷史人(ふみと)取締役(28)に代表権を与えることも決めた。

 同日、就任した熊谷代表取締役は記者会見で、「(4容疑者の有罪が確定した場合)迎え入れる予定はない」と述べ、堀江容疑者らの経営復帰はありえないと明言した。

 同社は堀江容疑者の取締役辞任届を受理しておらず、「(堀江容疑者の)意思が確認できていない」としている。また、証取法違反容疑で逮捕された他の取締役のうち、宮内亮治容疑者は同日付で取締役を辞任、岡本文人容疑者は取締役に留任した。

 新たに執行役員社長に就任した平松氏は、AOLジャパン社長を務めるなど経営者としての経験は豊富。弥生が2004年にライブドアに買収されて子会社となった後も、弥生社長を続けてきた。ライブドア本体の取締役ではないが、トップ逮捕という異例の事態に、急きょ、執行役員社長として難局にあたる。

 また、ライブドアは、今後、業務の執行と監督を明確に区分するため、業務執行に関する判断を下す経営委員会を新設し、平松氏が委員長に就任する組織改革も合わせて発表した。

 取締役会開催のためには過半数の取締役の出席が必要だが、宮内容疑者の辞任で取締役が6人から5人に減少したため、堀江容疑者と岡本容疑者が欠席しても、残りの3人の取締役の出席で過半数を超え、開催が可能となった。

 黒幕がライブドアの頭を、すげ替えたのか!?


人気ブログランキングに参加しています。←応援お願いします! ブログパーツ



毎日先着順に無料ポイント!




posted by ブログマン at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者の株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック