2006年01月27日

27日概況(大引)全面高商状で569円高

 27日の東京株式市場では日経平均株価が大幅高となり、今月13日に付けた昨年来高値を2週間ぶりに更新した。569円高は02年3月4日以来の大きな上げ幅。前日の米国株高やソニーの予想を上回る業績上方修正を追い風に主力ハイテク株に買いが増加したほか、この日の寄り前に発表された12月のCPI(消費者物価指数)が2ヶ月連続の上昇となったことで脱デフレ期待から大手銀行や不動産など内需関連株にもまとまった買い注文が流入。市場全般のマインドを明るくした。
 日経平均は後場に入って一段高となり、結局この日の高値で取引を終え、終値ベースで10営業日ぶりに高値を更新した。2000年9月8日以来5年4ヶ月ぶりの水準。出来高概算は24億2600万株、値上がり銘柄数1451に対して値下がりは175銘柄と全面高だった。ソニーが急騰したほか、松下、アドバンテス、ソフトバンクが上昇。みずほFGや三井住友FGなど大手銀行株が上げ幅を広げ、菱地所、野村、新日鉄、セブン&アイ、石川島も高くなった。エプソントヨ、安藤建、太平洋興発が大幅高になった。この中、三洋電機やアイフル、芝浦メカが下落した。(H.K)

 02年3月4日以来の大きな上げ幅!?
 すっげー株の値上がりのしかた、、、今年も株は、上がり続ける!?


人気ブログランキングに参加しています。←応援お願いします! ブログパーツ



毎日先着順に無料ポイント!




posted by ブログマン at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者の株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック