2006年02月03日

株、敷居高い?「これからもしない」7割…内閣府調査

 内閣府は2日、金融商品・サービスに関する世論調査の結果を発表した。

 株を持っている人や株式投資をしている人は1年前よりやや増加したが、株取引をしておらず、するつもりもない人が7割近くに上り、株取引がインターネットなどで身近になったとされる一方で、多くの人にはまだまだ敷居が高いことが明らかになった。調査は昨年12月、20歳以上の男女3000人を対象に行い、1712人から回答を得た。

 現在、保有している証券を聞いたところ、株式は15・9%で2004年10月の前回調査より2・4ポイント増えた。投資信託は9・1%(2・5ポイント増)、国債・地方債は7・7%(2・9ポイント増)で、いずれも持っていない人は71・7%だった。

 株式投資について、「現在行っているし、今後も続けたい」とした人は13・3%で、2・6ポイント増えた。一方、「行っていないし、行う予定はない」とした人は、前回とほぼ同じ68・5%を占めた。「行っていないが、今後行いたい」は8・6%だった。

 株式投資をしたくない理由は、「知識を持っていない」が9・1ポイント増え、39・0%と最も多かった。

 へぇー意外な結果だな。ホントかなぁ?


人気ブログランキングに参加しています。←応援お願いします! ブログパーツ



毎日先着順に無料ポイント!




posted by ブログマン at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者の株
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック