2006年02月03日

新興プロダクション“追う”ディション戦略

 芸能界では、ホリプロ、東宝、オスカーに続き、松竹が昨年から「スター・ゲイト」の名称で大規模な新人発掘オーディションを実施する中、実力派女優の内山理名(24)や堀北真希(17)らを抱える新興プロダクション「スウィートパワー」がオーディションを行う。その狙いは…。

 大手だと、多い所で3万−4万人の応募があるといい、松竹でも1万人以上の応募者がある。

 一方のスウィートパワーは、街での徹底的な“かわいい子”聞き込み調査、スカウトを行うことで業界内で知られる。その手法は独特で、狙いを定めた街に行き、女子学生らにとにかく「かわいい子いない?」と聞き回り、時には張り込みをしたり…。その刑事顔負けのスカウト術で口説き落とした女優たちは、現在テレビで大活躍中だ。

 同事務所は「フレッシュパワー」という新部署を立ち上げ、オーディションを実施。選ばれた新人も新部署に所属する。

 岡田直弓社長は「スカウトでは、想像が膨らみ、ドラマや映画の主役までイメージする子を選ぶ傾向にありますが、オーディションでは“やる気”のある子をメーンに募集します。これからは個性派などを含め、幅を広げていきたい」と狙いを説明する。

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の演技が高い評価を得た堀北やドラマ「大奥 華の乱」の熱演も注目された内山らの所属女優は、“演技派”と目され、同事務所の育成力は確かなものだが、“かわいい子”を追いかけて「日本はもちろん、海外まで行く」と語る岡田社長の、その思いは熱く、社長自身が「応募書類の全部に目を通す」と断言。「人生で、今まで生きてきて見た人の中で芸能人以上にかわいい人はいませんでしたか? かわいい人がいたら推薦してください。どこまでも追いかけます」と訴える。

 大手のように、作品のデビューや賞金は用意されていないが、こうした分析力のある事務所にデビューをかけてみるのも一策だ。

 どんな娘が選ばれるか?応募してくるか?楽しみですね。


人気ブログランキングに参加しています。←応援お願いします! ブログパーツ



毎日先着順に無料ポイント!




posted by ブログマン at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック