2016年08月11日

「おはスタ出演は黒歴史か!」ベッキー復帰にテレ東が激怒 ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動で休業していたベッキーが、レギュラー出演していた『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で復帰を果たした。

 放送前には「復帰は早い!」という意見が多かったものの、中居正広の名司会ぶりもあり、放送後のSNSではベッキー復帰を歓迎する声も増加。本格復帰も時間の問題か……と思いきや、今度はテレビ局関係者からの評価がガタ落ちだという。

「ベッキーが『金スマ』で復帰することは、報道が出るまでレギュラー出演する他番組のスタッフにも知らされていなかった。視聴者からのクレームが相次ぐ中でも、ベッキーがいつでも復帰できるように席を空けていた番組も多かっただけに、“連絡なしで『金スマ』で独占復帰とはどういうことだ!”と反感を買っています」(バラエティー番組スタッフ)

 特に激怒しているのが、テレビ東京関係者。

「スポーツ紙の報道で『金スマ』を復帰の場所として選んだのは“初めてレギュラーに引き上げた番組だから”と報じられていましたが、ベッキーを初めてレギュラーで起用したのは『おはスタ』。おはガール卒業後も曜日レギュラーに昇格させて起用していたので、“ベッキーを育てたのはテレ東”という自負がある。

 それなのに、まるで『おはスタ』出演の過去は黒歴史のような報道が出た。『おはスタ』のスタッフを含め、テレビ東京内でベッキーに激怒している社員は多いですよ」

 そこで『金スマ』担当者に問い合わせをしたところ、

「『おはスタ』はベッキーさんが子どもの頃に出演されていた番組なので、大人になってのレギュラー番組は『金スマ』が初という意味だと思います」

 とのことだった。しかし、『おはスタ』関係者が怒っていることは他にも。

「今春、19年間『おはスタ』の司会を務めた山寺宏一さんが卒業。卒業の日には平井理央さんを始め、歴代のおはガールや出演者が集まりました。ベッキーは謹慎中だったので出演できないのは仕方ないですが、番組スタッフ宛てにメッセージすらなかったらしいです。“デビュー当時にお世話になった山寺さんに失礼ではないか?”と怒っているスタッフが多いですね」

 『金スマ』での復帰は事務所の反対を押し切り、ベッキーが単独で決めたことという報道もあった。しかし、今回の件でテレビ東京は所属するサンミュージックに対しても不審感を持ち始めているようだ。

「小島よしおが一発屋状態になった後に起用して、子どもたちを中心に再ブレイクしたのも『おはスタ』のおかげ。また太川陽介が再び注目を集めるキッカケになったのも『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』ですからね。

 それなのに、今回ベッキーに恩を仇で返された状態になったため、“サンミュージックは信用できない”と言い始めているテレ東社員も。復帰を急ぎすぎるあまり、テレビ局関係者への配慮が足りなかったように感じます」

 まだまだ復帰は先か!?
 


人気ブログランキングに参加しています。←応援お願いします! ブログパーツ



毎日先着順に無料ポイント!




posted by ブログマン at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440957120

この記事へのトラックバック